あに子の通り道

大学五年目、留学中の学生です。広く浅く、好きなものは深くのめり込みたい。見たこと、感じたことをつづります。

留学中にカウンセリングを受けた話

こんにちは。あに子です。

 

f:id:aniko370:20180709112541j:image

 

今日は留学中にカウンセリングを受けた話をします。

 

去年の11月、留学が始まって3ヶ月程経った頃、リトアニアでの生活に慣れ、授業も少しづつ難易度が上がってきました。そのせいか、ふとした時に気が落ち込んでしまったり、ネガティブ思考に陥ってしまうことが多くなったのです。

 

「誰かに相談しよう」と思ったものの、親しい友人は卒業研究の追い込みで忙しい時期で、とても声をかけることができず。反抗期?が長引いてたのか、親にも相談できず。

 

これに加え、この時期のリトアニア
・日照時間7時間前後
・気温一桁以下
という、普通に生活しているだけでも気持ちが落ち込んでしまうような天気でした。

これらが積もりに積もって、動けなくなる直前までメンタルが弱ってしまいました。

 

そんな時、オリエンテーションで紹介されたメンタルヘルスカウンセリングを思い出しました。思い切って予約し行ってみることに。

緊張しながら指定された部屋に向かいましたが、カウンセラーの方があたたかく迎えてくれました。ちなみに海外なので、全てのコミュニケーションはもちろん英語。

辛い気持ちや悲しい気持ちを上手く表現できなかったり、そもそも伝えたいことが文章としてまとまらなかったりしてもどかしかったです。日本語でも辛すぎるためその気持ちを上手く言葉にできない、ということもありますね。

 

泣きながら崩れた英語で自分の状況を伝えました。そんな私をカウンセラーの方は受け入れてくれ、丁寧に話を聞いてくれました。
相談している間は私のことを一切否定せず、同情してくれたり、改善するためのヒントをたくさん与えてくれました。

 

また、悩みを話して答えるだけでなく、書いて整理するというアウトプット方法を教えてくれました。
例えば、「今どんな気持ちか」「なにが辛いのか」「その辛さは何に由来しているのか」「辛さの根源を改善するにはどうすればよいか」「解消できたらどんな気持ちになるか」など、事象を書いて掘り下げることで解決策を見つけるヒントを見つけることができました。

 

このカウンセリングには5回ほどお世話になりました。留学生活の辛い時期を支えてくれた大きな存在でした。

英語など外国語でカウンセリングを受けることは一見ハードルが高いかもしれません。そもそもカウンセリングに行くこと自体抵抗があるという人もいると思います。

しかし、ほんの少しでも辛い気持ちを外に出す、誰かに伝えるだけでも、救われたり、その糸口を見つけることにつながります。

 

留学中に辛いと感じる時(留学中じゃなくても)、カウンセリングを受けて見るという選択肢もぜひ検討してみてください。

 

それでは。

厳粛すぎた冬の十字架の丘

今年の1月に訪れた十字架の丘
大分前ですが、感想を残しておこうと思います。

 

イタリア人の友人と待ち合わせ、まずは私の住んでいるヴィリニュスから電車でシャウレイへ。リトアニア学生の半額学割が効きました。

 

シャウレイ駅に着いた後は歩いてバスステーションへ。路線バスで行こうとしたのですが、次のバスまで一時間ほど待つ必要がありました。
その間にベラルーシ女性と知り合い、一緒に行くことに。

 

路線バスにのり、いざ十字架の丘へ。
シャウレイ中心部を過ぎたあたりから窓の外は一面の大地。夏だったら原っぱだったのかな。
最寄りのバス停に着いた時、ドライバーのおじさんが声をかけてくれました。やっぱ慣れてましたね。

f:id:aniko370:20180630070025j:image

バスを降りてからおよそ2km歩きました。これが辛かったです。
私にとって2km歩くのはそんなに大したことはないのですが、当時の気温マイナス9度。しかもそこそこ強い風もセット。コートもそんなに厚くなく、帽子もしていない。寒いを超えて痛かったです。(その後すぐ厚手の帽子を買いました)

f:id:aniko370:20180630070100j:image

 

 

20分ほど歩いて、十字架の丘到着。

遠目で見て、思ったほど大きくないな、という印象。

近づいてみると、よりはっきり十字架を認識し、その数の多さに圧倒されました。

f:id:aniko370:20180630070515j:image
f:id:aniko370:20180630070507j:image

吊るされたキリスト、十字架にかけられたロザリオ、死者の名前が彫られた石版…そうか、観光地化していてもここは墓なのだ。十字架は今もなお増えているそうです。(観光客も記念の十字架を購入し、丘に残すことができます。)

f:id:aniko370:20180630070601j:image
f:id:aniko370:20180630070553j:image
f:id:aniko370:20180630070701j:image

観光している間に吹いていた冷たい風。その風に吹かれてロザリオがカラカラと鳴り、より厳粛な雰囲気が増していました。とてもじゃないけど、友人と自撮りとか、ピースで写真を撮ったりとか、そういうことはできませんでした。 

f:id:aniko370:20180630071123j:image

ぐるっと丘を一周。大きくないって言ったけど、撤回。意外と高さも奥行きもあって、友達を見失ってしまいました。

f:id:aniko370:20180630071017j:image
f:id:aniko370:20180630071010j:image

観光を終え、帰りはインフォメーションセンターでタクシーを呼んでもらい、帰りました。

寒くて風が強かった天気の影響もあると思いますが、今思い返しても心が震える厳粛な空間でした。

 

ちなみにヴィリニュスに帰る前にチョコレート博物館に寄りました。時間があったら是非。

f:id:aniko370:20180630071300j:image

 

それでは。

十字架の丘への行き方をまとめてみた

こんにちは。あに子です。

 

今回も過去に訪れたリトアニアのスポットを紹介します。

 

最近じわじわ知名度が上がってきた十字架の丘です。

f:id:aniko370:20180621035539j:image

 

位置

十字架の丘リトアニアの首都ヴィリニュスから北西約200kmに位置するシャウレイという都市からアクセスできます。

十字架の丘はシャウレイの中心部からさらに北東へ12km離れた場所に位置しています。

 

シャウレイへの行き方

ヴィリニュスから行く場合、バスあるいは電車を使えます。所用時間はどちらも3時間くらい。

電車の場合、値段は片道10€前後。(リトアニアの学生証LSPを持っている方は更に半額)

 

また、隣国ラトビアの首都リガからもバスでアクセスできます。

 

十字架の丘への行き方

十字架の丘まで行く方法は、私の知る限り3つあります。

 

①タクシーを使う

最も確実に十字架の丘へ行ける方法です。
片道利用も良し。往復利用も良し。
往復の場合、十字架の丘を観光し終わるまでドライバーさんは待ってくれます。(優しい…)
私は片道利用だったのですが、タクシーを利用した友人によると往復でおよそ20€前後。
ここで注意してほしいのは発着地点。
鉄道駅からとバスターミナルからでタクシーを呼ぶのでは値段が違う可能性があります。
私は復路でタクシーを使ったのですが、バスターミナル着のほうが鉄道駅着よりも料金が安かったです。
数百メートルしか離れてませんが、バスターミナルでの発着をおすすめします。

 

シャウレイ駅はこちら。

シャウレイバスステーションはこちら。

 

②路線バスを使う+徒歩

シャウレイのバスステーション発の路線バスを使って行く方法です。

本数は一時間に1、2本。十字架の丘行きバスの時刻表はバスターミナルでもらうことができるので、チケット売り場の方に聞いてみてください。

料金は片道約0.80€。リトアニアの学生証を持っている方は更に半額となります。

十字架の丘最寄りのバス停は「Domantai」。少々分かりづらいですが、十字架の丘に向かう道の付近にあります。観光客慣れしているドライバーさんがバス停に着いたら教えてくれることもあります。降りたら十字架の丘までおよそ2km歩きます。

 

 

③レンタル自転車で行く
これは旅先で知り合った男性から得た情報です。シャウレイで自転車をレンタルし、十字架の丘まで向かうことができます。
彼は5月末の天気のいい日に行ったそうです。夏場だからこそ使える手段ですね。
ただし、先ほども言った通りシャウレイの中心部から十字架の丘まで12kmほどあるので、そこは覚悟しておいて下さい。

 

次回は私の十字架の丘レポを書きたいと思います。
ちなみに行ったのは今年の1月です。記憶を掘り起こしたいと思います。

 

それでは。

 

 

リトアニアのマイナースポット : アニークシャイ

 

こんにちは。あに子です。

 

今日は去年の秋に訪れたアニークシャイ(Anykščiai)というリトアニアの町を紹介します。

 

アニークシャイはリトアニアの首都ヴィリニュスから北に100km弱離れた位置にある町です。

自然が豊かで(そもそもリトアニア全体が自然に囲まれてる)、冬はスキーでにぎわうそうです。

Anykščiai Tourism information center | Infoanyksciai.lt

 

この動画からこの町の美しさを楽しめます!やはり森の印象が強いですね。笑

www.youtube.com

 

大学の留学生向けツアーに参加して行ったのですが、このイベントがなかったらアニークシャイを知ることはなかったでしょう。

 

訪問した場所を紹介します!

 

Treetop Walking Path

吊り橋型のアトラクション。アニークシャイは杉林で有名で、杉林にあるアトラクションとしては東ヨーロッパでは唯一だそうです。

結構高さがあり、上から見た森林の景色はとてもきれいでした。

f:id:aniko370:20180614185500j:plain

 

f:id:aniko370:20180614185507j:plain

 

Anykščial Station

この地域独自の鉄道が走っており、アニークシャイ駅を訪問しました。

駅長さんが町と駅の説明をしてくださいました。

彼曰く、この町で日本人に出会ったのは私が二人目だそうです。ラッキー!

f:id:aniko370:20180614185511j:plain

 

f:id:aniko370:20180614191139j:plain

 

Rubikiai

先ほどの鉄道を使って行ける、池の近くの小さな地域です。

魚料理で有名なレストランで食事しました。(ごはんの写真は割愛します…)

のんびりした時間を過ごせました。

f:id:aniko370:20180614191552j:plain

 

f:id:aniko370:20180614185517j:plain

 

 

Anykščiai Church

アニークシャイの教会。リトアニアで一番高さのある教会です。なんと79メートル!

展望台に登って、町の景色を見渡すことができます。

f:id:aniko370:20180614192015j:plain

f:id:aniko370:20180614185522j:plain

 

The Light of Happiness

リトアニアの古典作家Jonas Biliunasを追悼するモニュメント。

私が訪れた時は、新婚カップルが写真撮影をしていました。不思議な組み合わせ。

f:id:aniko370:20180614192436j:plain

 

Šeimyniškėliai Mound

アニークシャイ中心部から少し離れたところにある丘です。

かつて河床として使われた歴史があり、今も調査が行われているそうです。

f:id:aniko370:20180614185529j:plain

 

以上アニークシャイ紹介でした。

 

最近リトアニア含め、バルト三国の主要都市を訪れる観光客の方が多いです。

留学中はこういうレアな町を訪れる機会があり嬉しいですね。

 

それでは。

「広く浅い」という強み

こんにちは。あに子です。

 

今日Facebookたまたまこのウェブサイトを見つけました。

navischola.app

自分の性格に適した学問を診断してくれるそうです。

早速試しました。私の結果がこちら。

navischola.app

「複合領域」タイプ。

特定の学問ではなく「領域」と区分されてしまった。

 

この結果を受けて、まさに私だなあ、と思いました。

 

高校一年生の秋まで、私の志望は医学部。

しかし、当時参加した医療現場見学で自分には不向きだと実感し、医学の道を諦めました。

医者にはなりたかったけど人の命を預かるということが私には重すぎて、また周囲の期待に応えなければと息苦しくて、諦めた途端心が軽くなりました。

(当時は高校でそこそこ成績上位であった。あくまで当時は。)

 

問題はその後。志望校どうしようか。理系得意だけど、興味あるのは文系なんだよな。

2年生の4月に担任の先生に「医学部諦めた。文転したい。ただ学びたい学部がわからない」と相談しました。

ちょうどこの時期から理数科へ配属されていたため、いきなりの発言に先生はとても驚いていましたが、とある大学を紹介してくれました。

その大学はリベラルアーツを取り入れており、文理問わず幅広く学ぶことができるのです。

この自由な学風に強く惹かれた私はそこを第一志望としました。

結果その大学には入れませんでしたが、似たような学び方ができる大学へ進学しました。

 

そんな背景のもと大学を学んできた私ですが、だんだん自分の学んできた領域に疑問を感じるように。

それは「自分には特徴がない」ということ。

 

医学部、言語学部、工学部などで学ぶ人は、その分野に関する豊富な知識やスキルを獲得し、卒業後の職業に影響することもあります。

一方、自分は深く極めた学問がない、広く学んだけど定着はしていない。

大学3年次から所属している情報系の専攻はよりスペシフィックだけど、なんとなく落ち着かない。

こんな自分にコンプレックスを感じるようになりました。(学部には他にも私のように悩んでいる人が数人いました)

 

そんな中、たまたま発見して読んだ記事がこれ。

 

gothedistance.hatenadiary.jp

特に響いた文章を引用させていただくと、

器用貧乏で、1つに絞るのが生理的に嫌。だけど、何でも面白がってやれる。同業ではない方に自分を買ってもらいたい。そういう指向性をお持ちなら、そこそこやれるスキルをいくつも身につけて下さい。時間はかかるけど。そういう方が一緒になって仕事をデザインしてくれると、本当に頼りになる。僕もそうありたい。

 

私はどうだろう。

プログラミングが苦手だけどある程度コードは書いたことあるし、理解できる。

流暢に英語を話せるわけではないけど、留学して生活できるだけの英語力は持ってる。

何なら高校時代はこれといった得意科目がなかったけど、どの科目もある程度の知識は持っている。

これを読んで「これはこれでいいんじゃないか」と思うように。

 

何か専門分野に秀でていて、学んだり働いている人たちも素晴らしいです。

しかし、関心の幅が広い、色々なことを学んだ・経験したということも立派な強みだと思います。

 

上記の学問診断に戻りますが、「複合領域タイプ」の特徴として、「目立つ特徴がない」「新しい領域」と挙げられています。

特徴がないってあまりよく聞こえないかもしれませんが、つまり「何者にもなれる」「開拓者になれる」とも解釈できると私は考えます。

そう考えると、なんだかワクワクしませんか?

(診断結果内の「学問を作り出す可能性がある」という発想は全くなかった。笑)

 

今興味があるものを挙げるときりがないし、獲得したいスキルもたくさんあります。

自分の可能性をもっと広げてみたいと思った、という話でした。

 

「何者にもなれる」ということに関して、今回の話題とは少しそれますがこちらをシェアしたいと思います。自分を受け入れるって大切ですね。

prehyou2015.hatenablog.com

f:id:aniko370:20180610234038j:plain

かわいいパンダだって、ロックにピストル持ってもいいんです。

もちろん人を撃ってはだめです。

 

そういえば帰国まで一か月切りました。それまでにいくつか記事更新したいなあ。

 

それでは。

留学中に辛くなったときの対処法

こんにちは。あに子です。

 

f:id:aniko370:20180603172438j:plain

 

環境の変化や親しい人達と離れる孤独感により、留学中に辛くなったり悲しくなったりすることがあると思います。

私もそのような経験がありました。特に3,4か月目は海外生活に慣れた一方、留学の辛さを一層感じた時期でした。

今回は留学中に辛くなった時の対処方を私なりにまとめてみました。

 

悩んでいることを書き出してみる

自分が抱えていることを紙に書き出してみましょう。なんでも構いません。書き出すことが大事です。書くだけですが、意外と心が少し軽くなります。

悩みの解決策を探りたいという方は、5W1Hなどを利用してより具体的に書いてみるといいでしょう。

私の場合は、

過去(なぜ辛いと感じるようになったのか)

現在(今どんな状態か)

未来(今の状態から今後どのようになりたいか)

と分けて書き出し、解決策を見つけるヒントを探ってました。

また、これらを振り返れるようにするために、ノートに書くことをお勧めします。できれば毎日見たり持ち歩いたりするもの(手帳など)がいいでしょう。

 

自分を励ますメッセージを書く

自分で自分を労わる、励ますようなメッセージを書きましょう。悩んでいる友達に送る手紙のような感覚で書くと書きやすいかな、と思います。客観的に自分を見つめることができるのです。

メッセージは書いたら捨てずにとっておいて!あとで見返すと、「あの時の自分は悩んでいたなあ」「あの時頑張っていたなあ」と懐かしく感じたり、自分に対して肯定的になると思います。

メッセージが恥ずかしいという方は、自分の応援ソングの歌詞を書き出すこともおすすめです。

 

人に相談する

無難だけど、最も効果的な対処法の一つだと思います。

日本にいる家族や友人に電話してみるのもよし、留学先の親しい人に直接話すもよし、カウンセラーに相談するもよし。話すことで悩みを外に出してみましょう。

特に、同じ地で学んでいる日本人留学生は、自分と似たような悩みを抱えていることが多いです。悩みをシェアし、話しているうちに気持ちが軽くなったり、悩みに対するヒントを得ることができます。

留学経験のある先輩や友人にも、ぜひ連絡をとってみましょう。その人とあまり接点がなくても、留学中の気持ちを理解してくれるはずです。

 

 部屋でひたすら好きなことをする

読書なり、映画鑑賞なり、ゲームなり、ひたすら部屋でのんびり過ごしましょう。

自分を甘やかす時があってもいいのです。一日中好きなことだけする日を設けてもいいかもしれません。

 

外に出る

一方、外に出ることもおすすめします。公園、美術館、カフェなど思い思いにお出かけしましょう。

歩いて散歩すると外の空気を全身で感じることができますし、バスや電車に乗って窓からの景色をぼーっと見るのも楽しいですね。

 

睡眠をとる

悩んでいる時は、身体も疲労を感じていることが多いです。その状態だと、余計悩んでしまったり、正しい判断ができなくなってしまいます。

なるべく遅すぎない時間に寝て、身体と心をゆっくり休ませましょう。時間に余裕のあるかたはあえてアラームをかけずに寝て、しっかり休ませてください。

しっかり休んで朝起きると、身体も心もすっきりするでしょう。

 

留学体験談を参考にする

インターネットで検索してみると、留学体験談で辛くなった時の対処法をまとめている方が多いです。ぜひ参考にしてみてください。解決策を見つけるだけでなく、同じ悩みを抱えている人がたくさんいるということに気が付くと思います。

 

 

以上、対処法のまとめでした。

あくまでも私の経験談なので、いいなと思ったものがあったら参考にしてみてください。

留学中に辛いと感じることは決して悪いことではありません。

その分、頑張ろうという意思があるのだと思います。素晴らしいことです。

そんな頑張っている自分を褒めて、ゆっくりじっくり向き合っていきましょう。

 

それでは。

 

大学四年生の後期で留学するメリット・デメリット

こんにちは。

あに子です。

 

前の記事でも述べたように、私は大学四年生の後期から留学しています。

aniko370.hatenablog.com

大学卒業まであと少し!という時期なので、留学生の中でも珍しいタイプだったと思います。

 

留学も終盤ということで、大学四年生後期からの留学のメリット・デメリットについて自分なりにまとめてみました。

なお、今回はアカデミックイヤー1年間の留学(2学期分)を想定しています。

 

メリット

目的を持った留学生活を送れる

周りが就活や卒業論文に取り組む中、 大学四年生での留学は勇気や覚悟がいる決断だと思います。

その分、「自分は何のために留学したか」「留学にこれにチャレンジする」という目的意識を常に持つようになるでしょう。

 

単位互換などを気にせず好きな勉強ができる

大学四年生の後期となると、卒業に必要な要件をほとんど満たしていると思います。

大学の決まりにもよると思いますが、単位互換を深く気にせず好きな科目を好きな数だけ履修できます。

私の場合は、授業以外の勉強や研究もしたいと思っていたため、あまり多くの科目を履修しませんでした。

 

多様な生き方、働き方を知れる

留学先では、本当に色々な人と出会います。

現地の学生や住民、他国からの留学生、現地で生活している日本人など。

そのような人たちとの出会いから、多様な価値観や生き方を知ることができます。

進路についてセンシティブな大学四年生という時期だからこそ、より吸収できると思います。

 

デメリット

学費が余分にかかる

交換留学の場合、帰国後はすでに大学五年目に突入していることになります。

卒業も一年延びてしまいます。

したがって、学費をもう一年分支払う必要があります。

大学を休学した上での私費留学の場合も、留学先の学費を支払う必要があります。

学費一年分の出費は大きいですね。

 

友人と卒業できない

私はこれが一番つらかったですね。

日本での大学生活を共に過ごしてきた同学年の友人と一緒に卒業できなくなってしまいます。

特に日本との時差が大きい国だと、タイムリーに連絡を取り合うことも難しいかもしれません。

 

留学が就活の時期と重なる

就活の説明会や選考が留学と見事に重なります。

留学しながらの就活は決して不可能ではありません。しかし、各種イベントに直接参加できないこと、時差があることを考えると、日本にいる就活生より狭い範囲での活動になります。

海外での就活方法も色々あると思います。私の場合は、大学の就職課に相談ロンドンキャリアフォーラムに参加したり、企業の採用担当の方に事情説明のメールを送ったりしています。

 

就活の面接でつっこまれる(と思われる)

私はまだ経験ないのですが、時期が時期なので「なぜ留学したのか?」「なんでもっと早くしなかったの?」と聞かれやすいと思います。

しっかり答えれるように準備しておきましょう。(自分にも言い聞かせる)

 

自己マネジメントが必要

学業や就活に加え、留学先でしかできない人との交流や旅行などの楽しみがあると思います。

より良い留学生活にするために、体調管理も含めて自己管理を工夫してみましょう。

 

f:id:aniko370:20180530085330j:plain

 

大学四年生後期はリスキーな点も多いです。

それでも留学すると決めたということは目標や目的を持っているということです。

そこは自信を持ちましょう。

 

それでは。